プレデター 24 ELITE LOW HG/AGをレビュー!ランクごとにも徹底比較!

プレデター 24 ELITE LOW HG/AG サムネイル サッカースパイク

プレデター30周年おめでとうございます!

プレデターといえば映画が思いついてしまうジャックです。

プレデターシリーズは「プレデター 24 ELITE ロー HG/AG」で生誕30周年を迎えました。

そんなプレデター 24 ELITE ロー HG/AGは誕生してから今まで「ゴール至上主義!」を貫いてきたスパイクです。

プレデター 24 ELITE ロー HG/AG

まぁそんな感じでこのスパイクがおすすめな人はフォワードです。

「ならフォワード以外は履かない方が良いの?」って聞かれそうです。

そうなりますね。

フォワード以外の人がこれを履くくらいならもっといいのがあるんじゃないの?って話です。

逆に言えばフォワードでプレーしている人は「これしかないでしょ!」って感じです。

そんなわけでフォワード以外の方はここでページを閉じてもらって構いません。

さてこのページには今フォワードの方だけですね。

それでは本記事では商品詳細を紹介してランクごとの比較をした後、性能面を紹介していきます。

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥14,580 (2024/06/20 11:34:45時点 Amazon調べ-詳細)
メリット デメリット
  • ボールコントロール性ピカイチ
  • フィット性の高いHybridTouch 2.0
  • アジリティー性も申し分ない
  • 履けるポジションが限定される

プレデター 24 ELITE ロー HG/AGの商品詳細

プレデター 24 ELITE ロー HG/AGはアディダスから発売されているサッカースパイクです。

プレデター 24 ELITE ロー HG/AG

 

プレデター 24 ELITE ロー HG/AG
サイズ 24.5~29.5cm
アッパー素材 人工皮革
横幅 レギュラーフィット
対応グラウンド 土・人工芝

プレデター 24 ELITE ロー HG/AGはHybridTouch 2.0という柔軟性が高く足にフィットしやすいアッパー素材を使用しています。

それに加えてインフロント部分にStrikekinフィンがついています。

カラーはコアブラックチームソーラーイエローフットウェアホワイトの3色展開です。

プレデター 24 ELITE ロー HG/AG コアブラック

プレデター 24 ELITE ロー HG/AG チームソーラーイエロー

 

 

プレデター 24 ELITE ロー HG/AG フットウェアホワイト

サイズは24.5~29.5cmまで展開されています。

サイズ感はレギュラーフィットとされているので他のスパイクの2Eくらいで想像してもらえるとちょうどいいと思います。

このスパイクは土・人工芝に対応しています。

プレデター 24 ELITE LOW HG/AG 対応グラウンド

 

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥14,580 (2024/06/20 11:34:45時点 Amazon調べ-詳細)

プレデター 24のランク別比較

プレデター 24 ELITE ロー HG/AG プレデター PRO HG/AG プレデター LEAGUE ロー HG/AG
商品画像 プレデター 24 ELITE ロー HG/AG プレデター 24 PRO HG/AG プレデター 24 LEAGUE ロー HG/AG
アッパー素材 HybridTouch2.0+Strikeskinフィン HybridTouch2.0+Strikeskinフィン テキスタイルアッパー
履き口 アディダス プライムニット アディダス プライムニット フラットニット
サイズ 24.5~29.5cm 24.5~30.0cm 24.5~30.0cm
アウトソール 以下に画像添付 以下に画像添付 以下に画像添付

主に違うのはアッパー素材とアウトソールの形が変わってきます。

アッパー素材はエリートとプロは同じですがリーグが違います。

アッパー素材によって変わる性能としてはボールタッチ性と足なじみです。

次に変わってくるのはアウトソールの形です。

上からエリートプロリーグのアウトソールです。

プレデター ELITE ロー HG/AGアウトソール

エリート

プロ

プレデター リーグ ロー HG/AGアウトソール

リーグ

プロとリーグはそこまで変わりませんがエリートが他とスタッドの形が違いますよね。

エリートだけ三角形ぽいですよね。

これによって変わってくるのはアジリティです。

どれだけ機敏に動けるかってことです。

エリートのほうはどの方向に動くときでも地面にスタッドが食い込みます。

これによりプロやリーグに比べて機敏に動けるようになります。

エリートは試合用にプロは試合・練習兼用でリーグは練習用って感じの立ち位置になります。

エリート 試合用 ↓

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥14,580 (2024/06/20 11:34:45時点 Amazon調べ-詳細)

プロ 試合・練習兼用

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥7,700 (2024/06/20 14:36:06時点 Amazon調べ-詳細)

リーグ 練習用

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥7,480 (2024/06/20 11:34:46時点 Amazon調べ-詳細)

プレデター 24 ELITE ロー HG/AGのレビュー

エックス クレイジーファストの特徴
  • 履けるポジションが限定される
  • アジリティ性も申し分ない
  • ボールコントロール性ピカイチ

履けるポジションが限定される

これはデメリットになります。

まぁコンセプトが得点を取るためのスパイクなので仕方ないんですけどね。

はい!デメリットはあるとすればこのくらいです!

フォワードの方はラッキーです!

このスパイクにおいては履く際のデメリットが無いです!

アジリティ性も申し分ない

これは前作から少し変わった部分だと思います。

前作までは安定感の高いスパイクでしたが今作ではそれよりかは少しアジリティに寄った感じがします。

近年のサッカーは展開がどんどん早くなっているのでそれについていくための改良と思われます。

ボールコントロール性ピカイチ

プレデター 24 ELITE ロー HG/AGの最大のメリットであり特徴はボールコントロール性にあります。

なぜこのスパイクがこんなにもボールコントロール性が高いかというとアッパー素材に秘密があります。

アッパー素材のインフロント部分にあるStrikeskinフィンというものが搭載されています。

これがボールを蹴るときにしっかりと引っ掛かり思い通りの軌道を描くことになります。

てなわけでミドルシュートからキーパーとの1対1までその性能を発揮してくれます。

得点力を上げたいフォワードは買いでしょう。

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥14,580 (2024/06/20 11:34:45時点 Amazon調べ-詳細)

プレデター 24 ELITE ロー HG/AGに向いている人

プレデター 24 ELITE ロー HG/AGは「得点力を上げたい方」におすすめです。

プレデター 24 ELITE LOW HG/AG 合っている人

 

ボールの蹴りやすさといったところが他のスパイクよりも頭1つ抜けている印象です。

それに加えてフィット性もHybridTouch2.0によって申し分ない出来に仕上がっています。

フォワードの方には1度試してみてほしい1足です。

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥14,580 (2024/06/20 11:34:45時点 Amazon調べ-詳細)

プレデター 24 ELITE ロー HG/AGのレビューまとめ

プレデター 24 ELITE LOW HG/AG サムネイル

今回はプレデター 24 ELITE ロー HG/AGの商品詳細、ランクごとの比較と性能面について紹介しました。

このフォワード特化というのは他のメーカーのスパイクにはない魅力です。

どうも、ジャックでした。

created by Rinker
adidas(アディダス)
¥14,580 (2024/06/20 11:34:45時点 Amazon調べ-詳細)
メリット デメリット
  • ボールコントロール性ピカイチ
  • フィット性の高いHybridTouch 2.0
  • アジリティー性も申し分ない
  • 履けるポジションが限定される

コメント

タイトルとURLをコピーしました