モルテンのペレーダ3000のレビュー!初心者におすすめのエントリーモデル!

4.0
サッカーボール

15年間サッカーをしてきてたくさんのボールを使用してきたjack(@Soccer_jack11)です!

「これからサッカーを始めるからサッカーボールが必要だけど、どれを選べばいいかわからない!」

こんな人におすすめなのがペレーダシリーズのエントリーモデルのペレーダ3000です!

エントリーモデルとは金額が低く初心者でも手の出しやすいサッカーボールのことです。

ペレーダ3000は手縫いで作られているため耐久力が高く、長期間使用できます。

JFA検定球のマークもあるため、練習から試合と同じ環境で練習できます。

4号球、5号球共に展開されているので、どのカテゴリーの方でも選べるサッカーボールです。

そこで本記事では「モルテンのペレーダ3000をレビュー!初心者におすすめのエントリーモデル!」について書いていきます。

この記事の執筆者であるjackのプロフィールは以下の通りです。

15年間サッカーをしてきて、これまでだけでもたくさんのボールを蹴ってきてます!

サッカーグッズについては滅茶苦茶、自信があります!任せてください。

メリット デメリット
  • 手縫いなので耐久性が高い
  • JFA検定球なので試合でも使用できる
  • 低摩耗バルブが採用されている
  • 芝で使用するのはNG

ペレーダ3000の製品情報

ペレーダ3000はモルテンから発売されているサッカーボールです。

ペレーダ3000
サイズ 4号球 5号球
対象 小学生用 中学生以上用
直径 約20.5㎝ 約22.5cm
重量 約370g 約430ℊ
素材 人工皮革 人工皮革

ペレーダ3000のカラー展開は以下の通りです。

カラー展開
  • ホワイト×メタリックブラック
  • ホワイト×メタリックレッド
  • ホワイト×メタリックブルー
  • ホワイト×メタリックグリーン
  • ライトイエロー
  • 蛍光オレンジ
  • メタリックブルー×ライトイエロー

ペレーダ3000は職人の手により1つ1つ手縫いで作られています。

ボールの直径は4号球が20.5㎝、5号球が22.5㎝です。

重量は4号球が370g、5号球が430gです。

ペレーダ3000のレビュー

ペレーダ3000の特徴

手縫いなので耐久性が高い

ペレーダ3000は手縫いで作られているので耐久性が高いです。

それに加え、ペレーダシリーズは元々部活生のために作られたボールなので、非常に耐久性の高いボールとなっています。

モルテン公式サイトより引用

 

モルテン公式サイトより引用

耐久性の高い手縫いですが、デメリットもあります。

それは蹴り心地が微妙という点です。

手縫いや機械縫いもそうですが、ちゃんとした球体にならない特徴があります。

それにより、場所によって蹴り心地が変わってきます。

ただ本当に繊細な人にしかわからないような違いなので、ほとんど気になりません。

JFA検定球なので試合でも使える

ペレーダ3000はJFA検定球なので試合と同じ感覚で練習することができます。

検定球とはJFA(日本サッカー協会)やFIFA(国際サッカー連盟)がさだめた項目をクリアしたボールのみに与えられるマークです。

低摩耗バルブが採用されている

低摩耗バルブを採用したことで、空気注入時の摩擦が軽減され空気漏れの心配がなくなりました。

芝で使うのはNG

ペレーダ3000はブチルチューブというゴムで作られています。

ブチルチューブの特徴
ブチルチューブは空気が抜けにくく、あまり跳ねないことが特徴です。

そのため芝で使用すると全然跳ねません。

土は地面が固いのであまり跳ねないブチルチューブ、芝は地面が柔らかいので良く跳ねるラテックスチューブのボールを使用してください。

ペレーダ3000はこんな人におすすめ

ペレーダ3000は「これからサッカーを始める人」におすすめのサッカーボールです。

試合でも使用できるJFA検定球なので試合と同じ環境で練習することができます。

ペレーダ3000レビューまとめ

今回は「モルテンのペレーダ3000をレビュー!初心者におすすめのエントリーモデル!」を書いてみました。

ペレーダ3000は価格もそこまで高くなく、最低限の機能を携えているサッカーボールです。

JFA検定球ですので、練習も試合と同じ環境でプレーしたい人におすすめなボールです。

どうもjack(Soccer_jack11)でした。

 

 

jackのおすすめのサッカーボール
 

僕はこれまでに沢山のサッカーボールを蹴ってきています。
そんな僕がおすすめする、珠玉のサッカーボールを紹介します。
\ TRY NOW /

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました