ミズノ レビュラ V3 ASをレビュー!ドリブラーにおすすめの1足!

3.5
トレーニングシューズ

14年間サッカーをしてきて、たくさんのトレシューを履いてきたjack(Soccer_jack.insta)です!

ナイキやプーマのトレシューがきつくて入らない人って結構いると思います。

僕もそうです。

そんな人におすすめなのがミズノの「レビュラ V3 AS」です。

 

レビュラ V3 ASは「スピード」と「ボールタッチ」の両方を追及して作られたシューズとなっています。

現代のスピードサッカーに必要な要素が詰め込まれている印象です。

スピードボールタッチのしやすさが特徴なので、ドリブラーの方に向いています。

そこで今回は簡単な製品情報を紹介した後にレビューをしていきます。

今回紹介するレビュラ V3 ASは現在在庫がなくなっておりAmazon・楽天市場・Yahooショッピング!では、商品が見つかりませんでした。

そのためこちらのサイトではレビュラ V3 Jr ASのみリンクを設置しております。

大人用のサイズを探していた方には申し訳ありませんが、ほかの商品をお探しください。

メリット デメリット
  • 表面の凹凸によりボールがコントロールしやすい
  • 従来製品の1.5倍のグリップ力のあるインソール搭載
  • 窮屈感がある

レビュラ V3 ASの製品情報

レビュラ V3 AS
サイズ 19.0~29.0cm
アッパー素材 人工皮革
横幅 やや広い
重量 260g(27.0cm片足)

 レビュラ V3 ASはアッパー素材に人工皮革をしようしています。

それにより雨の日でも気にせず使え、手入れも簡単になります。

横幅はやや広めに設定されており、扁平足の方でもストレスなく履くことができます。

重量は27.0cm片足で260gとなっています。

スピードタイプのスパイクにしては重いです。

レビュラ V3 ASのレビュー

レビュラ V3 ASの特徴を紹介していきます。

レビュラ V3 ASの特徴

ボールがコントロールしやすい

レビュラ V3 ASはボールがコントロールしやすいです。

表面の凹凸によって自分の思い描いている回転をサポートしてくれる感覚です。

ほかにも表面がつるつるしているので無駄な引っ掛かりがないのもコントロールのしやすさを手助けしてくれます。

グリップ力が高い

レビュラ V3 ASはインソールに「ZEROGLIDE LITEカップインソール」を採用することで従来製品の1.5倍のグリップ力を発揮することに成功しています。

レビュラ V3 ASの重量が平均的なのに、スピードタイプのスパイクに位置しているのはこれが理由です。

グリップ力が高いと足が靴の中でずれることが少なくなり、靴と足の一体感が上がります。

ただ、自在に扱うにはある程度筋肉が必要になるので小学生や中学生には向いてないです。

逆に体が完成してくる高校生や大人にはとてもおすすめです。

窮屈感がある

レビュラ V3 ASは人工皮革で作られています。

そのため足を曲げたときに窮屈感を感じます。

足とのフィット感を重要視して靴を選んでいる人にはストレスになる可能性があります。

窮屈感が嫌な人はこちらのトレシューがおすすめです↓

ただ、ボールの蹴りやすさや軽さで靴を選んでいる人にはおすすめできる1足です。

レビュラ V3 ASはこんなひとにおすすめ

レビュラ V3 ASは「スピードのあるドリブラー」におすすめです。

レビュラ V3 ASはグリップ力に優れ、切り返しの多いワイドで活躍している選手におすすめのトレーニングシューズです。

窮屈感はあるものの、ボールタッチのしやすさ・スピードを考えると十分に補えます。

ただ小学生や中学生のような体が完成していない選手にはおすすめできません。

レビュラ V3 ASのレビューまとめ

今回は「ミズノ レビュラ V3 ASをレビュー!ドリブラーにおすすめの1足!」について書いてみました。

いかがだったでしょうか?

レビュラ V3 ASはドリブラーにはとてもおすすめしたいトレーニングシューズです。

練習用に1足持っておいて損はないです。

どうもjack(Soccer_jack.insta)でした。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました