【2022年最新版】芝用のおすすめのサッカーボール10選!

サッカーボール

どうも、日頃土で練習しすぎて芝用のボールにとても違和感を覚えるjackです!

スパイクは土用芝用をよく確認して買うのに、サッカーボールはあまり確認しませんよね。

それって実はやばいんです。

サッカーボールにも土用芝用があり、最初にも言ったように結構蹴り心地が変わります。

土用なのに芝で使っていると、使い心地が悪く他の選手よりも成長速度が遅くなり自然とスタメンから落ちたりなんてこともあります。

当たり前ですけど、ちゃんと芝用で練習すれば適切な成長を迎えることもあります。

そこで本記事では「【2022最新版】芝用のおすすめなサッカーボール10選!」について書いていきます。

執筆者のプロフィールは以下の通りです。

読み飛ばしガイド

土のグラウンドで練習することが多い方は「【2022年版】土用のおすすめのサッカーボール10選!」をお読みください。

芝用のサッカーボールの選び方

こちらでは芝用のサッカーボールの選び方について解説しています。

「もう知ってるよ」・「読むのめんどくさい」という方は下のリンクから直接ランキングに飛んでください。

 ラテックスチューブを選ぶ

サッカーボールには実は2種類のチューブを使い分けて作られています。

簡単に分けると以下のようになります。

チューブの種類
  • ブチルチューブ・・・土用のボールに使用
  • ラテックスチューブ・・・芝用のボールに使用

ブチルチューブは空気が抜けにくく、あまり跳ねません。

逆にラテックスチューブはよく跳ねます。

芝は地面が柔らかいため、芝のグラウンドでボールを使用するときはラテックスチューブが使用されたボールを選んだ方がベターだと言えます。

本記事では、ラテックスチューブが使用されたボールのみを紹介していきます。
読み飛ばしガイド

【2022年最新版】芝用のおすすめのサッカーボール10選!

こちらでは芝用のおすすめのサッカーボールを4号球と5号球にカテゴリー分けして紹介していきます。

5号球の芝用のおすすめのサッカーボール5選!

コネクト21 プロ

まず、おすすめするのが個人的に好きなコネクト21 プロです。

コネクト21 プロのカラーはホワイト・ホワイト/ソーラーレッド/レッドの2色展開です。

コネクト21 プロの1つ目の特徴はサーマルボンディングなので水を吸わないことです。

コネクト21 プロはサッカーボールの中でも最も良い製法のサーマルボンディングです。

そのため、縫い目がなくどこを蹴っても、同じ感触なので安定した感覚でボールを蹴ることができます。

コネクト21 プロJFA検定球なので試合でも使えます。

JFA検定球の見分け方は画像中央にある八咫烏のマークがあるか、ないかで見分けられます。

JFA検定球で練習するメリットは試合と同じ感覚で練習することができることです。

他のJFA検定球ではないサッカーボールと、JFA検定球とでは本当に蹴り心地が違うので練習でどれだけうまくても、試合で違和感があります。

コネクト21プロJリーグでも使われていたサッカーボールです。

プロと同じボールを使えているというのはモチベUPにつながると思います。

コネクト21プロは、さらにサッカーが上手になりたいあなたに向いているサッカーボールです。

ペレーダ5000 (芝用)

2つ目に紹介するのは、圧倒的人気を誇るペレーダ5000(芝用)です。

カラーはホワイト/ブラック・オレンジ/ブラックの2色展開です。

ペレーダ5000は主に部活で絶大な人気を誇っています。

たくさんのチームが使用しているということは、それだけ品質が良く信頼されているということです。

ですので、どのボールを選んでいいのかわからない」という人におすすめです。

ペレーダ5000JFA検定球です。

 

検定球とはJFA(日本サッカー協会)やFIFA(国際サッカー連盟)がさだめた項目をクリアしたボールのみに与えられるマークです。

検定球のマークがあると、それだけで質の高いボールということを証明してくれます。

他にもペレーダ5000は、FIFA Quality PROという検定球よりも厳しい審査をクリアしています。

ですので、サッカーボールのなかでもトップレベルに使いやすく、クオリティーが高いです。

ペレーダ5000はサッカーボールの製法の中でも最高級のサーマルボンディング製法で作られています。

他のボールよりも吸水性が低いです。

普通のボールは雨になると重くなったりして、蹴りにくくますよね。

しかしペレーダ5000は雨の日でも水をほぼ吸わず、日ごろと同じ感覚で練習や試合をすることができます。

部活などでたくさんボールを使用する人におすすめです。

ツバサ プロ

3つ目はキャプテン翼を見ていたひとにおすすめのツバサ プロです。

ツバサプロのデザインは下の画像の1つだけです。

ツバサ プロFIFA公認球です。

FIFA認定球とは、FIFAが提示した関門をクリアしてきたボールです。

FIFAに認定されると以下のようなマークがボールに入ります。

このマークがあれば、公式の試合でも使えます。

ツバサ プロはサッカーボールの中でも最高級製法のサーマルボンディング製法です。

サーマルボンディング製法は雨天時でも水を吸わず、重くならないので雨の日でもボールがしっかり蹴れます。

縫い目が無く、どこを蹴っても同じ感触なのも特徴の1つです。

ツバサ プロには、翼君などのようなキャラクターが描かれています。

キャプテン翼を見ていた人は欲しくなるサッカーボールだと思います。

正直、今の子供たちには人気がないと思うのでお子さん用に購入するのはあまりおすすめしません。

翼君がいるので練習用・試合用で購入するのではなく、保管用で紹介するのをおすすめします。

使用してしまうと、どうしても傷などが付いてしまうのでせっかく翼君目当てで購入したのに翼君の絵が消えてしまう可能性があります。

保管用にボールを買ってもいいかなというひとにはおすすめのサッカーボールです。

VAIS ULTIMO MATCH5

4つ目に紹介するのはデザインがおしゃれなVAIS ULTIMO MATCH5です。

VAIS ULTIMO MATCH5のカラーはホワイトブルー・ホワイトレッドの2色展開です。

VAIS ULTIMOは普通のサッカーボールのパネル形状ではありません。

今まではパネルが32枚でしたが、今回のボールから12枚に変更されました。

パネルを12枚に減らしたことで、ボール軌道の安定性がアップしました。

こちらのパネルはボールの視認性もばっちりです。

VAIS ULTIMOはサッカーボールの中でも最高級製法のサーマルボンディング製法です。

サーマルボンディング製法は雨天時でも水を吸わず、重くならないので雨の日でもボールがしっかり蹴れます。

縫い目が無く、どこを蹴っても同じ感触なのも特徴の1つです。

VAIS ULTIMOはデザインの見た目から意味までかっこいいです。

このサッカーボールのデザインを担当したのは、山口歴(やまぐち めぐる)という方です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

/ 山口 歴(@meguruyamaguchi)がシェアした投稿

VAIS ULTIMOはこの1球が、暗い世界を照らす「美しい光になってほしい」、そんな思いが込められています。

オリジナル性・独創性を追及した1球となっています。

独創的なボールが欲しい人におすすめなサッカーボールです。

ヴァンタッジオ4950

最後に紹介するのは芝用最強のヴァンタッジオ4950です。

正直僕はこれが1番おすすめです。

ヴァンタッジオ4950のカラーはブルーの1色のみです。

ヴァンタッジオ4950アセンティック製法(サーマルボンディング製法)で作られています。

アセンティック製法はパネルを熱接合でくっつけているので水を吸いにくいです。

他にも、アセンティック製法はどこを蹴っても同感触なので違和感なく蹴ることができます。

ヴァンタッジオ4950国際公認球(FIFA QUALITY PRO)かつJFA検定球です。

検定球とはJFA(日本サッカー協会)やFIFA(国際サッカー連盟)がさだめた項目をクリアしたボールのみに与えられるマークです。

国際公認球のマークがあるとそれだけで質の良いボールということがわかります。

公認球や検定球で練習すると練習の質が上がるので上達も速くなりますよ。

ヴァンタッジオ4950耐摩耗素材を使用しています。

ですので、ボールの表面が擦り減って誰のボールかわからないということが起きずらいです。

耐摩耗素材を使用していることでボールの使用できる期間も伸びるので日ごろからよく練習する人におすすめです。

ヴァンタッジオ4950のような大きな大会で使用されているボールの良い点は信頼度が高いということです。

これにより雨の日でも、ボールがイレギュラーを起こすことがなく安定したプレーを発揮できます。

僕的に1番おすすめなボールなのでどれにしようか迷っている人におすすめのボールです。

芝用のおすすめな4号球サッカーボール5選!

VAIS BSF-VA03

まず1つ目に紹介するのはデザインのかわいいVAIS BSF-VA03です。

カラーはレッド・ブルーの2色展開です。

VAIS BSF-VA03はサッカーボールの中でも1番良い製法のサーマルボンディング製法で作られています。

サーマルボンディング製法は熱接合でボールを作るので縫い目がないので水を吸うことがありません。

他にもサーマルボンディング製法はどこを蹴っても同感触なので違和感なくボールを蹴れます。

VAIS BSF-VA03はJFA検定球です。

検定球とはJFA(日本サッカー協会)やFIFA(国際サッカー連盟)がさだめた項目をクリアしたボールのみに与えられるマークです。

検定球のマークがあると、それだけで質の高いボールということを証明してくれます。

試合で使うボールを練習から使うと、早く上達します。

VAIS BSF-VA03は砂防止バルブを採用しています。

ですので、砂がボールの中に入ることもなく、空気漏れの心配もありません。

ミズノ サッカーボール

2つ目におすすめするのは耐久性抜群のミズノ サッカーボールです。

カラーはイエロー・レッドの2色展開です。

ミズノのサッカーボールは耐久性の高い手縫いで作られています。

実際に1年くらい使用できたというレビューもあります。

ハイブリット型や機械縫いよりも耐久性が高いので日頃からボールをよく蹴る人におすすめです。

ミズノのサッカーボールはJFA検定球です。

検定球とはJFA(日本サッカー協会)やFIFA(国際サッカー連盟)がさだめた項目をクリアしたボールのみに与えられるマークです。

検定球のマークがあると、それだけで質の高いボールということを証明してくれます。

このボールを使用すると練習の質が高くなり早く上手になりますよ。

ミズノのサッカーボールは手縫いで作られているため、耐久性は高いです。

しかしデメリットもあります。

それは糸に水がしみこみ、雨の日はボールが重く飛ばなくなります。

ですので、雨の日でも快適にプレーしたい人にはあまりおすすめできません。

雨の日でも快適にプレーしたい人は、次に紹介するボールがおすすめです。

その辺をあまり気にしない人にはとてもおすすめなサッカーボールです。

ヴァンタッジオ5000 キッズ

3つ目に紹介するのはヴァンタッジオ5000 キッズです。

ヴァンタッジオ5000 キッズは僕てきに1番おすすめなサッカーボールです。

ヴァンタッジオ5000キッズの1つ目の特徴はサーマルボンディングなので水を吸わないことです。

実際にモルテンのホームページでは、雨の日でもほとんど水を吸わないと説明されています。

ヴァンタッジオ5000キッズはサッカーボールの中でも最も良い製法の熱接合のよって作られています

そのため、縫い目がなくどこを蹴っても、同じ感触なので安定した感覚でボールを蹴ることができます。

ヴァンタッジオ5000 キッズは普通のサッカーボールのトップコートと違い、表面がボツボツしています。

トップコートとはボールの表面のこと

このボツボツが空気をかき分け、ロングパス・ミドルパスまたは狙いすましたシュートの飛行を安定させることができます。

キック精度を高めたい人におすすめの機能ですね。

ヴァンタッジオ5000 キッズ名入れができます。

名入れができるメリットとしては綺麗にボールに名前を入れることができることです。

手書きでも全然大丈夫なのですが、薄れてきたり、上手にかけなかったりすると思います。

そんな時に名入れをしておくと、名前が薄れる心配もなく、字が汚くなる心配もありません。

とにかく上手になりたいという人におすすめなサッカーボールです。

コネクト21 プロ キッズ

4つ目に紹介するのはJリーグでも使用されているコネクト21 プロ キッズです。(*実際に使用されているのは5号球のコネクト21プロです。)

カラーは白・青の2色展開です。

1つ目の特徴はサーマルボンディングなので水を吸わないことです。

コネクト21プロキッズはサッカーボールの中でも最も良い製法のサーマルボンディングです。

そのため、縫い目がなくどこを蹴っても、同じ感触なので安定した感覚でボールを蹴ることができます。

コネクト21プロJFA検定球なので試合でも使えます。

JFA検定球の見分け方は画像中央にある八咫烏のマークがあるか、ないかで見分けられます。

JFA検定球で練習するメリットは試合と同じ感覚で練習することができることです。

他のJFA検定球ではないサッカーボールと、JFA検定球とでは本当に蹴り心地が違うので練習でどれだけうまくても、試合で違和感があります。

コネクト21プロキッズJリーグでも使われていたサッカーボールです。

特に小学生はプロと同じボールを使えているというのはモチベUPにつながると思います。

性能を信頼できるボールが欲しい人におすすめのサッカーボールです。

UEFA ヨーロッパリーグ 21-22 キッズ

最後に紹介するのはUEFA ヨーロッパリーグで使用されているUEFA ヨーロッパリーグ 21-22 キッズです。

デザインは以下の画像の1つのみです。

UEFA ヨーロッパリーグ 21-22 レプリカはアセンティック製法で作られています。

アセンティック製法はパネルを熱接合でくっつけているので水を吸いにくいです。

他にも、アセンティック製法はどこを蹴っても同感触なので違和感なく蹴ることができます。

UEFA ヨーロッパリーグ 21-22 レプリカはJFA検定球です。

検定球とはJFA(日本サッカー協会)やFIFA(国際サッカー連盟)がさだめた項目をクリアしたボールのみに与えられるマークです。

検定球のマークがあると、それだけで質の高いボールということを証明してくれます。

このボールを使用すると練習の質が高くなり早く上手になりますよ。

UEFA ヨーロッパリーグ 21-22 レプリカは名前の通り、世界最大級の大会で使用されています。

大きな大会で使用されているボールの良い点は信頼度が高いということです。

世界的に大きな大会で使用されているのに、ボールの質が悪いなんてほぼ無いからです。

しかしデメリットもあります。

それは誰かと被る可能性があるということです。

結構有名なボールなので、チームの中に1人2人ぐらい持っているかもしれません。

人と被るのが嫌でなければ、とてもおすすめなボールです。

芝用のおすすめのサッカーボール10選!のまとめ

本記事では「【2022年最新版】芝用のサッカーボール10選!」について書きました。

ひとえに芝用のボールといっても、モルテンやミカサなど様々なボールが発売されているので自分に合ったぼーるを選んでください。

どうもjackでした。

 

 

jackのおすすめのサッカーボール
 

僕はこれまでに沢山のサッカーボールを蹴ってきています。
そんな僕がおすすめする、珠玉のサッカーボールを紹介します。
\ TRY NOW /

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました